ホームストレッチ

8 27th, 2012

Photo by Albert Siegel

こんにちは。映画「ハーフ」の西倉めぐみと高木ララです。

素晴らしいご報告がございます。まず、「ハーフ」の映画がいよいよ完成間近となりました。矢野デイビッドに初めてインタビューした日から時間が経つのはあっという間で、2年半が過ぎました。これも皆様のサポートのおかげです。心より感謝申し上げます。

現在、最後の仕上げを進行していると同時に次のステップに目を向けています。それは、配給です!

目標として、できるだけ数多くの日本人と海外の方々にご覧いただくには配給会社やテレビ局のバイヤーの方々に見てもらわなければなりません。通常、それは映画祭で行われます。

東京国際映画祭以外にも、その他数々の国際映画祭へ応募しています。もし、東京にお住まいではない方がいらっしゃいましたら、お近くの映画祭の情報をお知らせください。

DVDをお待ちの皆様: こちらの都合で大変恐縮ですが、DVDの送付は映画の配給が決定するまで、今しばらくお待ちください。

この数年間、サポートしてくださいまして、誠にありがとうございます。後、もう少しです!今後とも何卒よろしくお願いします!

やったー!ありがとうございます!

12 15th, 2011

やりました!12月12日、日本時間午後4時59分に私達のIndiegogoのキャンペーンが終了しました。最終的に$2万4千ドル(約186万円の寄付を集めることができました。イエーィ!この一ヶ月、サポートをしてくれた皆様に感謝をも押し上げます!凄い経験になり、次の段階(編集)を超える力を与えてもらいました。特に、このキャンペーンを担当してくれた、常泉 絵里香さんに感謝します。絵里香さんのおかげで成功しました。

これから映画の完成に向けて、編集に集中したいのでこのブログはしばらくお休みします。映画の完成の発表をするのを楽しみにしています。

編集用のコンピューターが届きました!

11 30th, 2011

編集用のコンピューターが今日届きました。ハードディスクをタワーに入れるのは初めてだったので、ちょっと緊張しましたが、問題なく成功しました!Indiegogoで寄付してくださった方々のおかげでこのコンピューターのレンタル代をカバーできました。感謝いっぱいです!

Our Mac Pro Tower has arrived!

The monitor (a bit on the old side...)

Lara about to put in the harddrives

Megumi screwing in the harddrive

Slotting in the harddrives into the Mac Pro Tower

The Hafu drives on our desktop!

オフィスでの一日

8 20th, 2011

数週間前、ツィッターで「オフィスで映画をフルタイムで製作しています!」と発表しました。パートの仕事はまだありますが、ほぼ毎日、映画の製作ができて嬉しいです。オフィスは映画をサポートしてくれるケンさんの一軒家のゲストルームです。実は、このゲストルームは私達の格アパートより広いです。(笑)ケンさんありがとうございます!

残っている撮影は少ないので、撮影し終わったソフィア、デイビット、と大井一家の映像の編集をしています。すべての映像が集まったら、5人のストーリーを織り混ぜて編集しようと考えています。

ララが大井一家のストーリー編集中です。

めぐみはソフィアのストーリーを編集しています。

友達のゲールさんからマックの中古パソコンをいただきました!ボランティアが作業するのに助かります!

先週、京都から来たボランティアのサーラが二週間ちょっと手伝ってくれました!ありがとう!

サーラからの報告です:

We asked Sara to share her experience of working with us:

Just nearly a year ago I stumbled across the ‘Hafu Film project’ when I saw someone ‘Liked’ the film’s page on Facebook. So what if I wasn’t on Facebook that dayWhat if I didn’t see that update in the newsfeed?………Would I be here?

I pondered this as I sat in the Hafu film office watching Megumi and Lara work away on their Mac computers.

I spent just over 2weeks in the Tokyo office. Having time off work allowed me to spend my summer in Tokyo where I got to see how much work goes into making this monstrous film. Exhibit A, Transcribing: A 20minute interview piece took me nearly 2hours to complete. For someone with Mac fingers, it probably takes less time. But my clumsy PC fingers kept pushing this button that magically erased all my work. Mac, you’re too smart for me.

I felt pretty special being involved in all this behind the scene action. Seeing never seen footage and interviews, watching Megumi and Lara chopping and piecing shots together as they edited the film. I spent so much time watching Sophia on film, it started to feel like she was one of my buddies. I think if I met her in real life, I might creep her out a little (note to self, don’t creep her out). It’s amazing how much work these girls are putting in but also it’s amazing to see all these other people giving support in many different forms.

The office space which is generously lent by Hafu film supporter Ken is situated in beautiful Kichijoji. The area is bustling with cute little cafes, loads of restaurants and countless amount of ‘Ethnic’ shops (One can never have too many ponchos or wind chimes apparently) Everyday we walked through the park to go get our lunch fix. Leaving my stomach a whole lot heavier but my wallet a whole lot lighter. But it was so much fun spending time with the girls and I’m jealous of them that they get to work in such a beautiful area.

Thank you Megumi and Lara for accommodating me in Tokyo and letting me work in the office. I will miss the good times working on the film, eating yoghurt, complaining about the heat and talking about boys. Good luck with the film!

ボランティアはまだ募集中です。興味がある方 是非ご連絡ください! info<at>hafufilm.com